ゲームを楽しむブログ

様々なゲームを自分の視点から見ていきます

『オーバーウォッチ』初心者からの脱出~step5~

こんにちは、やしちです。

 

今回で『オーバーウォッチ初心者講座(ルシオ講座)』は終了です。

それでは前回からの続き。張り切っていきましょう! 

  1. 環境キル
  2. 攻撃する相手

 

1.環境キル

シルバー帯では環境キルまで意識する必要はありませんでした。

環境キルは狙っているのがばれると返り討ちになる可能性もあります。

やられてしまっては元も子もありません。

とは言ってもゴールド帯ではそうもいきません。ただし!

 

無理して狙うのではなく、できそうなときに狙う!

 

たとえばコントロールマップである「イリオス」の中央に穴があるマップ。

この穴に落とすのに必死で敵陣に一人で突っ込むルシオを見ます。

仮に一人落とせてもルシオが味方陣に戻れなければ意味がありません。

 

「アイヘンバルデ」ペイロードエスコートし始めて

少しすると橋を渡ります。ここのアーチ上をソルジャーが取るとツエーんだ。

この橋から落とす環境キル。

狙いすぎるあまり、味方タンクよりも前に出てしまうルシオもよく見ます。

狭いところを通るペイロードは射線が集まりやすいため

無理に狙うとあっさり落ちます。

 

ほかにもいくつかありますが、とにかく無理をしない。

 

環境キルは決まればとても気持ちがいいので狙いがち。

確かに狙わなければならない場面も多いです。

それでも無理に狙うのではなく、いけそうなときにいく。ただし!

 

ザリアがいるときは気をつけましょう!

 

ザリアがいると環境キルできるチャンスがガクっと減ります。

あの投げバリアは厄介です。

 

2.攻撃する相手

攻撃する相手は基本「相手タンク>>相手オフェンス>相手ヒーラー」です。

ただ相手にゲンジやトレーサーがいてもう一人のヒーラーを狙っていたり、

リーパーが回り込んできたときはこちらを優先します。

 

このときは攻撃して倒すことを意識するのではなく、

サウンドウェーブで弾き飛ばすことを考えます。

 

念頭に置くのは「追い払う」ことです。

 

とにかくルシオは一番最初にultを貯めたい。

ultが貯まったときは必ず報告し、味方のultがまだ5割くらいであれば

使ってしまって構いません(ザリア以外で5割)。

自分が使うルシオは今回の味方チームではultが貯まりやすいということです。

 

ultを使ったらスピブを使いましょう!

 

うまくいけばこの攻勢で味方のultは100%になります。

そうすれば次のウェーブも味方に利があります。

相手はやられているのでultは貯まりにくいです。

 

どのルールでも人数差を作ることが一番の目的です。

拠点をとるのもペイロードもとにかく人数差。

ポイントキャプチャーの攻撃以外では全滅させる必要はありません。

 

常時、攻撃相手にタンクを狙うのは単純なことで当てやすいからです。

ルシオの弾を当てればそれだけultも貯まります。

 

まとめ

今回でオーバーウォッチ』初心者からの脱出は最終回です。

 

ほとんどルシオの動かし方になってしまいましたが、

それだけルシオを理解することがこのゲームでは大事ということ。

あとは意識しながら場数をこなしていくしかありません。

 

魔境という言葉があります。

低いレート帯のことを揶揄する言葉ですが、

今のオーバーウォッチはプロシーン以外は魔境化していると思います。

 

・思い通りにいかなければ怒り出す人

・負ければ味方のせいにする人

トロール(ランクマで勝つ気のないピックや行動)

 

などなど。どのランク帯にもいます。

なんらかのテコ入れをしなければ人は離れていくだろうし、

新規参入のプレイヤーも減るでしょう。残念でなりません。

チームプレイが重要なのでパーティーを組めればいいのですが、

社会人ともなればそうもいきません。ログインできる時間も減ります。

何か良い案があればいいのですが、私には思いつきません。

編集後記

結局最初から最後まで下手な文章でした。お恥ずかしい。

私が今見たいのは「ブログの書き方~初心者からの脱出~」ですね。

折角ですし読んでもらいたいという欲求もあります。

いや~、文章書くのって難しいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。